●トップ   ●お問い合わせ  ●サイトマップ

 

 

経営者プロフィール

代表取締役  若江 眞紀

株式会社アクセプト ( マーケティングコンサルテーション ) 代表取締役

株式会社キャリアリンク ( 教育サービス・コンサルテーション) 代表取締役

1987年に株式会社アクセプト設立。
生活者からの視点に基づいた新たな市場戦略により、企業のマネジメント戦略、マーケティング戦略の策定・実施を総合的にサポートするクリエイティブ・コンサルティング事業を展開し、現在も活動中。
子育てを通して日本とアメリカの教育に同時に触れた経験から、日本の教育に課題を感じ、1991年に保育・教育分野に特化した株式会社キャリアリンクを設立。
企業の教育CSRや官公庁・自治体の教育施策へのコンサルティング事業を通じて、産業界と教育界をつなぐ次世代育成に取り組む。

経歴

2001年 近畿経済産業局 創業・ベンチャー国民フォーラム 委員
2007年 文部科学省 新教育システム開発プログラム事業受託
2008年 大阪商工会議所 人材育成委員会 委員就任(継続中)
     経済産業省 「平成20年度キャリア教育民間コーディネータ育成・評価システム開発事業」における
     能力開発基準策定および研修プログラム評価・検証の開発委員会 委員就任
2010年 奈良市地域学校連携推進委員会 委員就任
2012年 横浜市市ヶ尾中学校 学校運営協議会 委員就任(継続中)
2013年 奈良市地域教育を考える懇話会(継続中)
2014年 文部科学省生涯学習政策局社会教育課「チーム学校の実現に向けた地域の在り方に関する調査研究」
調査研究委員就任
2015年 横浜市立中川西中学校 学校運営協議会 委員就任(継続中)
    第8期 文部科学省 中央教育審議会 初等中等教育分科会 委員就任(2015年2月〜2017年2月)
    文部科学省 中央教育審議会 初等中等教育分科会 教員養成部会 委員就任
    文部科学省 中央教育審議会 初等中等教育分科会 教育課程部会 委員就任
    〇高等学校の地歴・公民科科目の在り方に関する特別チーム 委員就任
    〇生活・総合的な学習の時間ワーキンググループ 委員就任
第8期 文部科学省 中央教育審議会 生涯学習分科会 委員就任
    〇「デジタル教科書」の位置づけに関する検討会議 委員就任
2016年 国立大学法人横浜国立大学 教育人間科学部 非常勤講師就任
2017年 第9期 文部科学省 中央教育審議会 初等中等教育分科会 委員就任(2017年3月〜2019年2月)
    文部科学省 中央教育審議会 初等中等教育分科会 教員養成部会 委員就任
    文部科学省 中央教育審議会 初等中等教育分科会 教育課程部会 委員就任

2018年 大阪商工会議所 サービス産業部会 常任委員就任

講演実績

●全国の教育委員会、教育研究所主催の教育フォーラム、および学校教員、保護者向けなど多数。

研修実績

●全国の教育委員会・小学校・中学校・高校・大学における、管理職・主幹教員・校内全教員・地域コーディネーター 等を対象とした学校マネジメント・キャリア教育・小中一貫教育・コミュニティスクール・カリキュラム・マネジ メント等のテーマ多彩
●企業の人事、管理職、管理職候補女性を対象とした女性戦力化等のテーマ

イベント出演

大阪市主催 女性活躍促進フォーラム/エコプロダクツ2016/キャリア教育プログラム開発推進コンソーシアム主催 教育CSRフォーラム/企業主催 教育フォーラム/文部科学省主催 教育フォーラム/キャリア教育コーディネーター育成事業成果普及シンポジウム/経済産業省主催 キャリア教育アワード 審査員 他

テレビ

宮崎放送 みらい・みやざき まなび隊(宮崎県教育情報テレビ)
テレビ東京 ニュースモーニングサテライト

新聞

教育新聞社「教育新聞」連載コラム“協育で楽校に 社会に開かれ学校はこうなる”(2017年6月13日より全7回)

雑誌

週刊教育資料/読売ADリポート ojo

WEB

ダイヤモンド・オンライン/読売新聞広報局ポータル/若江眞紀の教育共感net

書籍

『協育のススメ 企業のブランドコミュニケーション』(カナリア書房)

その他

・東洋館出版社「アクティブ・ラーニング」を考える(寄稿)
・教育開発研究所「よくわかる小学校・中学校 新学習指導要領全文と要点解説
 〔「新教育課程」ポイント理解シリーズNo.2〕」(寄稿)

Copyright(c)2013 Accept-inc All rights reserved.